scrap-it-to


bigbangのtop腹筋など肉体の謎!卒アルの頃から来日後まで

2017.11.26 22:56

mii


こんにちは、bigbangと東方神起を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はbigbangのtop腹筋など肉体の謎!卒アルの頃から来日後までについて迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

bigbangのtopと言えば「肌を見せるのがお嫌い」なのは超有名。

それでもたま~にその隠された肉体美を見せてくれる事もあったりして。。貴重なので余計に嬉しいわけですが。

今回はそんなbigbangのtopの肉体美についての謎を解き明かすべく、卒アルの頃から来日後まで、彼の肉体に関する歴史をあれこれと振り返っていきます!

bigbangのtop腹筋など肉体の謎!卒アル頃から来日後まで!.jpg

■bigbangのtopが腹筋や胸筋なんかを見せてくれなかった有名エピソード

12年の八月の事・・そうですね、bigbangとしても来日してからみんな若くてお仕事バリバリだった頃合いですけれど、YGのトレーナーさんがメンバー5人の筋肉写真を公開した事がありました。

皆各々腹筋や胸筋なんかをバリバリっと見せてくれてるんですが、bigbangのtopだけはジャージを着て背を向け遠-くにいる写真という事で笑いを誘うものでした。

まあ来日後この時点ですでに「bigbangのtopが腹筋なんかを見せるわけない」というのがネタとして定着しているのがわかりますが、

とにかくbigbangのtop、腹筋とかそういう男の肉体の良い所を来日以来なかなか見せてくれません。

恰好は来日してからもずっと基本長袖長ズボンが基本。まあ腹筋とかは見せたくないのはまだしも、来日してからずっと、ほぼ半袖にすらなかなかならなかった所にガッツを感じます。

なぜここまで腹筋などどころか腕まくりすらしないほどにガードがかたい感じになっているのでしょうか?

■bigbangのtopが腹筋や胸筋なんかをなかなか見せてくれない理由

なぜbigbangのtopが来日以来も腹筋なんかをずっと見せてくれないのかと言いますと、15年に公開されたインタビューでの発言が有名です。

腹筋などを見せないどころか半袖すら着ないbigbangのtopについて、なぜかとMCが聞きますと、bigbangのtopは「習慣」「肌にものが触れるのが嫌い」という回答をしております。
[スポンサーリンク]


同じインタビューでは他にも十年もの間メンバーと一緒にシャワーを浴びた事すらない事、スンリはヨットに乗る時も靴下を脱がない事の暴露なんかもしていたり。

要するに、bigbangのtopには少なくとも来日以来、ずっと潔癖症な所があるように自分は思っております。

また、インタビューの上ではbigbangのtop、腹筋などもなかなか見せてくれない理由として、「習慣」「肌にものが触れるのが嫌い」という理由を挙げられておりましたが、

一つ、過去卒アルの頃の「肥満時代」からのコンプレックスもあるのではと思いますね。

bigbangのtopは学生時代、特に中学くらいまでは卒アルの写真なんかが有名ですが、肥満体だった事がわかります。

この卒アル、本当に本人なのかと思ってしまうほどの卒アルでして。卒アルの写真ってたいてい子供時代ですしちょっと「芋」な感じに写ってしまうのは誰でもある事でしょうが、

bigbangのtopの卒アルは中でも衝撃でしたね。

来日後も来日してすぐの頃はまだ肥満だった名残があったように思いますが、現在のbigbangのtopからしますと、この卒アルは信じがたいものだと思います。

bigbangのtop腹筋など肉体の謎!卒アルの頃から来日後まで.jpg

この卒アルがあるからこそ、余計に現在の来日後のbigbangのtopがスゴイという事になるので良いとも思いますが、

卒アルの時代はご本人もあまり触れられたくない過去から来日後の現在まで引きずるほどのコンプレックスの要因なのかもしれません。

bigbangのtopはまさに卒アルの中学時代「TEMPO」という名前でラッパーをしていた過去もありまして、来日後のここまでいろいろあったのかもしれませんね。

すごいのは、痩せたらメンバーにするという条件のもと、四十日ほどで二十キログラムほどの減量に成功していたといった話題がございます。

ここにまだ卒アルの頃の若いbigbangのtopの本気を感じます。

ちなみに来日後、まだちょっとぽっちゃりだった頃の、例えば「LALALA」という曲なんかで腹筋というかお腹を見せるパフォーマンスもありまして、

まあ少なくとも来日後の現在のような腹筋などの肉体美は完成されていなかったように・・というかこの頃は腹筋が「全くない」という見解が強かったりしますね。

前に皆で順番に腹筋というかお腹を見せる流れになった時にも頑なに見せなかったとか。

ペンとしてはやはり腹筋などの肉体美は気になってしまう所ですが、このように卒アルの時代からしてもともとそういうタイプの方じゃないのも明白なんですね。

bigbangのtop腹筋など肉体の謎!卒アルの頃から来日後まで!.jpg

■とは言えbigbangのtop、来日後の現在、脱げばすごい体!?

ここまで卒アルの頃までさかのぼってきました。

しかし、上記のような所がありつつもbigbangのtop、今となっては「脱げばすごい人」である事も知られます。

先ほどのインタビュー、ジヨンは映画を撮った時に見たbigbangのtopの肉体美について、「良い体」だと真面目に褒めておりました。
[スポンサーリンク]


そして他にも、有名な所で言いますと「タチャ」の時に見せた腹筋やら胸筋やら裸がとても高評価だったのを覚えております。

という事は、bigbangのtopが腹筋なんかをなかなか見せてくれないのは、いくら卒アルの時代からのコンプレックスなんかがあるにせよ、

もはや貧相な身体をしているとか、身体に見せられないものがあるといった実質的な理由はないと見ていいように思います。

bigbangのtop腹筋など肉体の謎!卒アル頃から来日後まで.jpg

もはや単に卒アルの頃からもなのか、「習慣」的なものになっているだけと言えるのかもしれません。

卒アルの頃のbigbangのtopはヒントにはなりますが、謎は深まります。

「能ある鷹は爪を隠す」状態なのはそれはそれでカッコいいのですけど。

さて、本日はbigbangのtop腹筋など肉体の謎!卒アルの頃から来日後までについて書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する