scrap-it-to


[BIGBANG]愛が信じられないなら

2017.11.20 12:56

mii


BIGBANGのファンの皆さんは昨日の福岡のドームツアーのライブレポを期待してブログ巡りをされているんじゃないかと思うんですけれど、「私、行っていないので」
大門未知子ばりの「私、失敗しないので」的な高飛車な発言、ごめんなさい。
ちょっと、私、それよりも気になることを一つ見つけて・・・。




昨日のライブでもてそんくん、「でぃらいと2」の宣伝がスクリーンに映し出されたとたんにキラッキラで恥ずかしいって言ったらしいんですけれど、本当にどうしてこうなのか。


f:id:funny-roo:20171118081708j:image:w360



最初の「でぃらいと」の時は、「ナルバキスン」とか「てばぎや」だとか演歌調の選曲だったので、このキラッキラ演歌風もわかるんですけど。
でも、「ディライト2」には演歌調の曲って入ってないですよね?
あ、もしかして「あ、ぜ、ちょ!」が演歌風なの?
私、まだ通してこの曲聴いてないんで間違ってるのかも知れないんですけど、これって昭和歌謡っぽいだけで決して演歌ではないですよね?
他の曲たちも。
なのに、なぜこのジャケット写真。


だいたいねぇ、キラッキラのシャンデリアが輝いてるのが演歌だなんてどこの誰が決めたのさ――― 。
って、心の中で鼻息も荒く思ってたんですけどね。
このMVのキャプ・・・。
山内惠介さんです・・・。
演歌界の貴公子こと山内惠介さんのMVがキラッキラだったというね。笑


f:id:funny-roo:20171120115038p:image:w360



これは「愛が信じられないなら」という曲のMVの一場面。
いやー、驚きました。
やっぱり演歌ってキラッキラのシャンデリア輝くイメージだったってことが、はからずも証明されちゃいましたねー。




しかし。
だからと言って「でぃらいと2」のジャケットが演歌風でいいという理由にはならない。
本人も恥ずかしいってのに、あえて、なぜ、このジャケット写真――― 。







コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する